Cycle Tyme

DE ROSA PROTOSで各地を彷徨うロードバイク乗りの雑記ブログ / 自転車関連ログの公開保管が主目的 / IT系会社員 / 都内城南地区在住 / RCCTYO /

装備・アイテム Fulcrum Racing Zero Nite 雑談

ワタクシがレーシングゼロナイトを選んだ4つの理由。

投稿日:2015年12月08日

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

さて、掲題の通りです。

ワタクシがレーゼロナイトを選んだ理由を、

購入時の自分の発想をメモしておく意味でテキストにしておきます。

 

 

1.黒いリムのカッコいいホイールが欲しい。

はい、またしても最初からしょうもない理由キマシター。

友人G氏からそれなりにお得に譲っていただいたMavic Ksyrium Elite Sもじゅうぶん素敵なホイールですし、性能的には何も不満はなかったのですが。

マビック製品というと、カンパニーカラーの黄色がいたるところに顔を出すわけで。

ホイール単体で見たときにはとてもカッコいいのですがどうにもワタクシのPLANETさんには

デザイン的な意味でややミスマッチのような気がしており。

(逆に、挿し色が黄色のフレームにはぜひマビックを使いたいですね)

 

そんなときにサークル仲間のH氏のR-SYSやN嬢のシャマルミレを見ていたところ、

『やっぱり黒リムかっこいいなぁ!』

という思いが再燃してしまったのです。

 

・・・はい、そもそもの発想の源が狂ってるのはじゅうぶん承知しておりますwww

というわけで、 最終的に選んだのはレーゼロナイトですが、レーゼロは最初からあまり選択肢入ってなかった、というおかしな状態でした。

 

 

2.クリンチャーorチューブラー? ⇒ クリンチャーで。

これは迷うことなくクリンチャーです。

ダラダラ長時間乗ることが多いですし、メンテナンスも予備部品携帯も楽なクリンチャー以外の選択肢は今のところ無いです。

チューブラーの軽さは大変魅力的ではあるのですが。

 

 

3.アルミorカーボン? ⇒ アルミで。

『ホイール変えたい』と周りの先輩ローディに相談していたところ、やはりカーボンを薦められることも多かったのですが。

ワタクシの中では、クリンチャーと言っている時点でカーボンの選択肢はあんまり無いなぁと思っておりました。

そもそも徹底した軽量化を求めてカーボンになるわけで、

その場合は、構造的に考えて軽量化できるチューブラーにすべき、

という思いもあり。

カーボンクリンチャーというジャンルも気になってはいるのですが最近の動きはどうなんでしょうかね。

 

あと単純に、カーボンは値段が青天井過ぎてついていけない(お財布的な意味で)という事情も当然あり。

どうせワタクシの紐がぶっ飛んだお財布では

きっと最終的にLightweightが欲しくなるに決まってます。

なので、せめて今は、カーボンに手を出すのはやめておこう、と。 

 

ざっくりまとめてみると、

  • 軽量性とピークパフォーマンスをとことん突き詰めるカーボンチューブラー
  • 日常使いの利便性とコストパフォーマンス(といってもじゅうぶん高価ですが)でバランスが取れたアルミクリンチャー

という二つの選択肢の中での総合判断で、アルミクリンチャーを選択した感じです。

 

 

4.乗り味を固くしたい

『アルミクリンチャーのいいヤツで、黒成分高め』となると、筆頭の選択肢としてはやはり、

カンパシャマルミレ、マビックR-SYS、フルクラムレーゼロナイト、あたりになってくるわけです。

 

 

ここで少し話が逸れますが。

 

イベントで試乗車に乗ったり、他のローディの愛車に乗らせていただいたときにいつも感じるのは

『ワタクシのPLANETさん、相当やわらかいですね』

ということでした。ワタクシが感じとれるくらいなので相当のやわらかさなんだろうと思います。

 

ということを友人G氏と話している中で

『だったらホイールで固いのを選んで乗り味を調整するのもいいんじゃない?』

という方向性になり。

 

ワタクシが候補に入れた↑のメーカーの中では、かたい順に フルクラム>マビック>カンパ だという風に聞きました。

であれば

フルクラムのレーゼロナイトで全体の乗り味を固くしてみよう!

という結論に至った次第です。

 

 

というわけで。

レーゼロナイトで少し走った時点での感想はすでにアップしておりますが。

彩湖ポタ。レーゼロナイト初乗り。[ポタリング_2015/12/06]

どうも。 前回のブログで 『年内に組み上がればいいなぁくらいで気長に構えております。』 と述べていたにもかかわらず、 我慢できなくなり結局二日で取り付けて、日曜日に80キロほど走ってきましたw === ...

続きを見る

現状では、満足できるパフォーマンスと見た目で良い買い物だったと思っております。

あとは、愛車に恥ずかしくないエンジンパフォーマンスを発揮できるよう日々鍛錬しなければいけませんね。がんばります。。。

 

最後に完全に余談ですが。

この『レーシングゼロナイト』って名前、とても良いですね。

レーシングでゼロでナイトですよ?

漢字で書いたら麗心愚 零 騎士ですよ?

完全に、日本の80年代ヤンキーか、ファンタジー好きな厨二のセンスではないですかwww(褒め言葉

 

 

以上です。

 

-装備・アイテム, Fulcrum Racing Zero Nite, 雑談

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.