Cycle Tyme

DE ROSA PROTOSで各地を彷徨うロードバイク乗りの雑記ブログ / 自転車関連ログの公開保管が主目的 / IT系会社員 / 都内城南地区在住 / RCCTYO /

AACR ライドログ

諏訪湖と信濃境。ドラマ『青い鳥』の聖地を目指すソロライド。【松本プチトリップライド最終日】

投稿日:2016年05月28日

どうも。
松本プチトリップライド三日目最終日、2016年05月23日(月)の行動ログです。
所詮ワタクシの戯言ブログでこんな言い方もアレですが、おそらくこの三日間の記事の中でもダントツに需要が無いと思いますw

23日(月)はど平日ではありますが無事有給が取れたため、一日延泊して松本近辺を一人でのんびり走ってから帰ろうと思っていました。松本周辺の地図を眺めながらどこに行こうか検討していたところ、中央本線の信濃境駅が目に入り。『ここ、昔から行ってみたいと思ってたところじゃね?』というのを記憶の彼方から思い出し、信濃境駅に行くことをメインにスケジュールを組むことにしました
ここで話題はそれますが。
1997年にTBS系で放映された青い鳥』というドラマがありまして。wikiに拠ると平均視聴率は17.7%なので今にして思えば十分すごい数字ですが、TVドラマ全盛期の当時にはさほど目立った数字でもなく、粛々と最後まで放映されたと記憶しております。しかし、当時のワタクシはこのドラマがなぜかいたく気に入っておりまして出演者(豊川悦司、夏川結衣、鈴木杏、山田麻衣子)と音楽(作中BGMは全てS.E.N.S.、主題歌はglobeの中でも異作と名高いWanderin' Destinyが特にツボでした。
ドラマの前半の舞台となっているのは、トヨエツ演じるJR職員の主人公の勤務地である、長野と山梨の間の架空の駅『清澄駅』というところです。で、その『清澄駅』のモデル&ロケ地になったのが、JR中央本線の信濃境駅です。
ドラマの中の『清澄駅』には構内に鳥かごがありそれが象徴的に意味を持ってくるのですが信濃境駅にもドラマ以降鳥かごが置かれているとか、信濃境駅が好意でおいてくださっているドラマのファンノートには今も書き込みがあるとの話しを聞いており。『わざわざこれのために行くまではないけど近くに行く機会があったらぜひ訪問したい』と思ったままざっくり20年が経っておりましたwww。
#ここ最近ワタクシがひたすら『青い鳥!』と連呼していたので『そんなにいいドラマだったの?』と興味を持ってくださる方もいらっしゃいましたが、今わざわざ見直すほどの超オススメドラマというわけではない、ということはお伝えしておきますwww 単純に、ワタクシがなぜか思い入れがあるというだけです。ただ、ワタクシが唯一DVDボックスを所持しているドラマですので、もしご興味ありましたらお貸しします。
===

話しを元に戻します。そんなこんなで信濃境駅を通ることを前提にした結果、ルートはこんな感じになりました。



三日連続ライドの三日目で、目的地が決まっているライドです。目的地までは辿り付けるようできるだけ負荷を低めにしたかったところでしたが。まっすぐ引いても50キロはありそうです。しかも、塩尻峠(8キロ4%ほど)はやっぱり越えないといけないようです。茅野の周辺は平坦ですが茅野を抜けると名もなき坂(10キロ4%ほど)もあります。ついでなのでせっかく近くを通る諏訪湖・諏訪大社もルートに組み込みまして。帰りはあずさ停車駅で信濃境駅から一番近いところ、と探した結果小淵沢駅になりました。

===

以下時系列で。

7時前には起床し、 自転車と自分の調子に問題ないことを確認して7時半には元気に出発。
2016-05-23-07-40-03

塩尻までは市内を抜け、塩尻峠を抜けて諏訪湖を目指します。塩尻峠はざっくり8キロ4%といったところでしょうか。朝の一発目としてはなかなかのきつさです。今回は一人ですし、とにかく信濃境へたどり着くことが目的ですので、無理せずのんびり慎重に進みます。

(メモ:20号のほうが平坦そうに見えますが、トンネルが多数あり、また突然の激坂も多そうだったので、ゆるくずっと上る17号をチョイスしました)
2016-05-23-10-32-00
2016-05-23-10-40-31
↑方角と風景的に、前々日に上った美ケ原だと思われます。他の山々と比べても異質な見た目ですね。

===

2016-05-23-11-20-46
名もなき坂を必死で抜けていくと、ついに『信濃境駅』の文字が。 

2016-05-23-11-25-01
2016-05-23-11-27-42
(↑駅前ロータリー。雨の中、かほりが空を仰ぐ第一話のシーンが印象的でした。)
2016-05-23-11-27-55
2016-05-23-11-28-34
(↑理森と詩織が初めて会話をした待合室。上の額縁には青い鳥関連の情報がまとめられています)
2016-05-23-11-28-51
2016-05-23-11-28-56
2016-05-23-11-30-00
2016-05-23-11-30-20
2016-05-
23-11-30-37
2016-05-23-11-31-35
2016-05-23-11-31-37
2016-05-23-11-33-04
2016-05-23-11-33-53
(↑酔ったかほりを理森が抱きとめた、ホームの先端)
2016-05-23-11-34-20
(↑ドラマ本編のラストシーンがこのあたりだったはずです)
2016-05-23-11-40-53

ドラマの中で見た風景がそのまま今も残っています。しかもそこまで山を越えて、チャリで来た。非常に感慨深いものがありました。眠っていた記憶を呼び起こしてくれた自転車は素晴らしい(無理やりw

飽きるほどじっくりと各所を見学させていただき存分に写真に収め(『構内を見学したいので入場券ください』といったら『あ、そのままどうぞ~』と言ってくださった信濃境の駅員さんありがとうございます)、最後に、佐野史郎がタバコを吸っていた駅外の喫煙所で一服しながらWanderin' Destinyを二周じっくりとリピートしてから帰路につきました。

そして最後に素敵な出会いがw

そのまま隣の駅の小淵沢まで走り、あずさに乗って無事帰宅しました。

===

というわけで大満足の三日目ソロライドでした。聖地ライドは楽しいですね。ワタクシには聖地に行きたいと思えるほど思い入れのある映像作品があまり無いのが問題ですが。。。とりあえずジブリ関連で探してみましょうか。

全然関係ないですが、一人で見知らぬ土地を走っていると、ガーミンとスマホと自転車に命握られてる感が半端ないですwww誰もいない山の中を走っていたりすると特にwww 自転車のメンテと各種機器の充電はいつでもお忘れなきよう。

以上です。

-AACR, ライドログ

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.