Cycle Tyme

DE ROSA PROTOSで各地を彷徨うロードバイク乗りの雑記ブログ / 自転車関連ログの公開保管が主目的 / IT系会社員 / 都内城南地区在住 / RCCTYO /

装備・アイテム ブレーキ メカトラブル

【トラブル】5800系105リアブレーキが全交換になった話。キャリパーを支えるバネ破損。

投稿日:

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

先週末のライド中に発生したトラブルの話しです。

筆の遅さには定評のあるワタクシですが、備忘録&みなさまへの少しでも情報共有ということでこれだけは早めにあげておきます。

 

以下、詳細。

 

 

発生したトラブル。

ワタクシが使用している5800キャリパーブレーキで、リアブレーキのキャリパーを支えるバネ(105と書いてある面から見て左の裏。)を破損し、リアブレーキを全交換することになりました。

↑これは修理後の写真ですが。ここのバネの先端が吹き飛んでました。

↑破損時の写真。本来内側に収まっているべきバネの逆の先端が、外側から確認できる状態です。
 わかりにくいですね。。。テンパっててまともに写真撮れていません。。。

 

 

発生した状況としては、速度10キロ以下で徐行していた状態で緩くブレーキを掛けたところ、針金や弦が切れる時のような『ビーン』というような鈍い音が聞こえまして。

その音は確実に自分の車体から発生した気がしたので、以下のような感じで自己診断しました↓

(もちろん、周りの先輩方からのご意見も存分に頂きつつ)

  • とりあえずSTIレバーをカチャカチャ引いてみる。リアブレーキのヒキが確実に甘くなっているのを確認。
  • 最初はブレーキワイヤ切れを疑ったのですが、その割にはヒキが多少は残っていてブレーキもいちおう動かせているようなのでワイヤ切れではなさそう。
  • リアブレーキ本体をよく観察すると、左キャリパーのみ動いていない。というか左キャリパーがブレーキ引いてない状態でもリムにあたってしまっている
  • 左キャリパー周りを中心に観察すると、支えるバネがポッキリ逝ってしまっている
  • バネが逝ってしまっているので左キャリパーが制御不能。常時閉じっぱなし

というような状態でした。

前触れ的なことは、少なくともワタクシの感覚ではなにもありませんでした。

 

 

本トラブル後の対応。

ライドに出かけるのはいったんストップ。

↑のように手持ちの結束バンドで左キャリパーをリムに当たらないように固定し、最寄りのサイクルショップへ向かいます。

 

サイクルショップでメカニックに見せたところ、

『あ、これは全交換しかないです(即答』

ということで、リアブレーキを全交換。

せっかくなのでついでにアルテかデュラにしたかったところですが在庫無しということで泣く泣く同型の5800系105で。

なんで!自宅にはすでに9100の一式がスタンバっているのに!!今更5800のブレーキを買っているのでしょうか!!!(ただし、自宅スタンバイの9100ブレーキはダイレクトマウント)

 

 

結果、サイクルショップの開店待ち45分、交換にかかった45分、計一時間半ほどロスしましたが無事復旧することができ、当日のライドに走り出すことができました。

(一緒に待ってくださった当日のライドメンバーの皆様、ありがとうございました&大変ご迷惑おかけしました。。。)

あ、ライドの記事はしばらくGWくらいまでお待ち下さい。。。w

 

 

本トラブルの原因。

メカニックの方とも話しましたが

『明確な予兆や予防策があるわけではない』

とのこと。うーむ、原因がないってのも困りものですね・・・

 

 

まとめ。

原因がないとのことなので気をつけようもないのですが、キーワードだけもう一度ピックアップすると、

  • 針金や弦が切れる時のような鈍い音
  • ブレーキのヒキが甘くなる。抵抗ゼロというわけではない(抵抗ゼロならおそらくワイヤ切れ)
  • キャリパーの片方のみがリムに当たっている

などの症状が発生した場合は、本件に該当する可能性があるということだけ、頭の片隅にインプットされるとよいかもしれません。

 

ちなみにこのブレーキの利用期間はざっくり2年弱、走行距離は15000キロ(ローラー無し、実走のみ)ほどでした。

#軽くググっても、ブレーキシューやワイヤの寿命はよく話題になりますが、ブレーキ本体の寿命の話はあまり出てきませんね。どれくらいが目安なのでしょう・・・

 

 

というわけで、どなたかのご参考になれば幸いです。

みなさまもメカトラにはくれぐれも気をつけて、楽しく安全な自転車生活をお送りくださいませ。

 

 

以上です。

-装備・アイテム, ブレーキ, メカトラブル

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.