Cycle Tyme

DE ROSA PLANETと共に各地を彷徨うIT系会社員のロードバイク雑記ブログ。都内城南地区在住。RCCTYO。

装備・アイテム Fulcrum Racing Zero Nite タイヤ・チューブ

【タイヤ】23Cから25Cへ変えた結果。【CONTINENTAL GRANDPRIX 4000SII】

投稿日:2016年01月21日

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

昨年末にホイールをレーゼロナイトに変えた際にチョイスしたタイヤ、CONTINENTAL GRANDPRIX 4000SIIの23Cですが使用し始めて一ヶ月半くらいでリアがカットしてしまいまして。

残念ながら交換となってしまったため、前から興味をもっていた25Cにしてみることにしました。

まだ乗り換えて200キロほどしか走っていませんが、なかなかおもしろい違いを感じられましたので簡単に感想などを書いてみます。

<お約束の注意書き>
・いつもどおりですが初心者の戯れ言、ただの感想です。
 話半分かつ、あくまで参考までに、ということで。
・200キロ走っただけですので今後の感想はまた変わるかもしれません。
・交換前後ともCONTINENTAL GRANDPRIX 4000SIIです。タイヤの太さだけが変わっています。
・転がり抵抗?接地面積?なにそれおいしい?というレベルです(お察しください
</注意書き>

 

 

いきなりですが、結論。

最初に結論ですが、わかりやすくまとめると、

トップスピード  :おそらく少しだけ落ちる

基本的な登坂スキル:おそらく少しだけ落ちる

荒れた路面の安定性:非常に上がる

ダウンヒルの安定性:非常に上がる

その結果、

→細かい神経を使うことが少なくなりストレスと疲労は減る

→快適性と、一日のトータルパフォーマンスは上がる

ということなんではないかと思います。

 

『加速はどう?』ということもよく聞かれるのですが、ワタクシ、急速に加速するような乗り方をしないためよく分かりませんwww

皆様そんなに加速されるのですかね。。

とりあえず、やたらもたつくようになったなぁというような印象は無いです。

 

 

メリットデメリットのトレードオフ。

トップスピードや登坂スキルは気のせいレベルで少し落ちているような気はします。

しかし、ワタクシのようにのんびり趣味で乗っている人間としてはトップスピードも登坂スキルもベースが大したことありませんので劇的にパフォーマンスが落ちるのでなければ全然許容範囲です。

朝から晩までダラダラ走る乗り方で、荒れた路面ではストレスを感じ、ダウンヒルでは恐怖を感じるようなライドスキルがおぼつかないワタクシにとっては断然25Cのほうが合っていると思われます。

ロングライド派の方には自信を持ってオススメできます。

というわけでワタクシは、この25Cでのんびりロングライドを楽しんでいきたい所存。

逆に言うと、TTやレースなどでトップパフォーマンスを追い求めるような方には合わないかもしれません。 

 

 

最後に軽いオチ。

今回の入れ替えの結果、ワタクシのロードのタイヤは25Cとなりました。

一方、ロードバイクより前から所有しているクロスバイクは当時の魔改造の結果、28Cだったタイヤが今は23Cになっており。

 

いちおう本気用のロードより、街乗りクロスのほうが細いタイヤを履いている件。

 

以上です。

 

 

-装備・アイテム, Fulcrum Racing Zero Nite, タイヤ・チューブ

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.