Cycle Tyme

DE ROSA PLANETと共に各地を彷徨うIT系会社員のロードバイク雑記ブログ。都内城南地区在住。RCCTYO。

festive 500 ライドログ 神奈川・葉山教会 神奈川・三浦半島一周

念願の三浦半島一周![ロングライド151km_2016/12/29]

投稿日:2017年01月08日

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

筆の遅さには定評のあるワタクシですが、引き続きまだ昨年の話し、2016年12月29日(木)のライドログです。

[festive500] DAY6、ワタクシにとってはfestive500期間中三日目のライドでした。

 

どこまでも自走で駆け抜けるタフな[K氏]と、ワタクシとウェアの基本発想がとても良く似ている[M嬢]と三人で『29日にどこか行きましょう。festive500対策のためにも獲得は少なめでもいいから距離稼ぎたい。できれば150くらい』と話し合っている中で、『だったら三浦半島一周はどうでしょう?』という流れになり。

三浦イチィーーー!!!ワタクシが何度も計画しているのに、天候やスケジュールで行けてなかった念願の城ヶ島ァーーー!!!

ということでノータイムで三浦イチルートを採用させていただきましたw。

 

 

今回の三浦半島一周ルート。

ログサービス一覧

蒲田スタートエンドでちょうど150キロの、三浦半島時計回り一周コースです。

観音崎までは16号、観音崎から城ヶ島までの半島東側は海沿いをテキトウに、城ヶ島でランチ、城ヶ島から鎌倉あたりまでは半島西側を134で北上、という至って定番ルートかと思われます。

今回は距離稼ぎが目的なので、武山とか湘南国際村とか葉山教会などを一切含まないド平坦コースです(フラグ)登りたい方はそのへんを混ぜるといいのではないでしょうか。

補給地点目安としてはざっくり、『横浜、横須賀、浦賀、城ヶ島、逗子、横浜に入ったあたり』と設定すると、だいたい20~30キロごとでそれっぽい土地でいい感じに休憩できるかと思います。(今回はコンビニ休憩ばかりでしたがw)

 

もしここから距離を縮めるのであれば、横浜か横須賀あたりからスタート、三浦半島一周して、逗子・鎌倉・江ノ島あたりをエンドとすれば余裕で100キロ以内でこの記事で記載するルートの美味しいところは味わえるかと思います。ご参考まで。(特に、鎌倉から横浜方面への帰路はどの道を選んでもストレスにしかならないのでw)

 

 

横須賀以南、観音崎あたりまでの16号海沿いルートが至高。

以下、時系列で。

集合場所は山下公園。ワタクシはもちろん自走で向かいます。気温は高くなかったですが天気は快晴、無風で絶好のライド日和です。

 

ワタクシにとっては、横須賀あたりまではよく訪れる土地ですが、それより南側は未知のルートになります。

観音崎までは16号をずっと通るのですが、ド平坦、ストレート、海沿い、中央分離帯にはヤシの木と最強の布陣になっており、走るのがものすごく気持ちいいです。16号を観音崎まで行って来いだけでも走る価値はあります。

地図で言うとこのあたり↓

 

観音崎からは金田湾を左手に見ながら南下。ここらへんもいい感じに海沿いの道やビーチが点在しています。

 

 

恐るべし、三浦市の壁。

三浦市に入る辺りまではほとんど無風状態で快適なサイクリングだったのですが。

半島の突端の三浦市に入った途端に強風が吹き荒れだしました。

ちょうど半島の高台を抜けて城ヶ島へ抜ける地点あたりだったのですが、強風で進まない進まないwww

その日一番のハードトレーニングポイントだったと思います。

風力発電の巨大風車も設置されていましたし、このへんは常時強風地帯なのですかね。

 

 

 

念願の城ケ島へ上陸。

強風に悪戦苦闘しながらも、なんとか城ケ島大橋を渡り、念願の城ケ島へ上陸です。

 

ここで城ケ島の軽い説明を。

詳細はいつもどおり[wiki]参照というところですが主要なところをピックアップすると、

  • 神奈川県三浦半島の南端に位置する島。
  • 周囲長約4 km、面積0.99 km2で、神奈川県最大の自然島
  • 風光明媚な三浦半島の情景を凝縮したような景観で知られる、鎌倉時代以来の景勝地
  • 観光地としての歴史は古く、鎌倉時代に源頼朝が度々来遊した頃に始まる。
  • 大正末期から終戦までは東京湾要塞の一部として砲台が存在したが、戦後に「城ヶ島公園」として開放された。
  • 現在は磯釣、磯遊びに適する行楽地として知られる他、三崎と共に海を囲み、遠洋漁業基地三崎漁港の一角を成す。

という地域です。

自転車乗りの間では、『三浦半島の突端でおいしい海鮮が食べられる地域』として定評がありますね。

 

我々も城ケ島でランチを、と思っており、店先にサイクルラックがあり、呼び込みのおばさまがとてもフレンドリーだった[磯料理いけだ]で海鮮丼をいただきました。

 

 

たっぷり海鮮を味わって休憩してからは、城ケ島の主要ポイントで記念撮影など。

 

 

強風に煽られながら北上する復路。そして、なぜここに・・・

復路はルート通り三浦半島の西側を134に沿って北上。

強風は相変わらずでしたが、南風に近い感じだったため追い風の時間が長かったですかね。

こちらも海沿いで景観は素敵ですので、ちょいちょい記念撮影をしながらのんびり進みます。

↑三浦半島西側からの富士山がきれいでした。

 

さて、134を北上していくと、自転車乗りの間では有名な激坂のあの教会があります。

まだ未体験の、リミッター知らずK氏はやはり上ってみたいようで。

というわけでここです。

K氏は無事足つきなしでクリアされた模様。おめでとうございます。

M嬢とワタクシも、自転車を伴って頂上には到達しました(お察しください

 

 

鎌倉からの21号はやっぱりストレスフル。

滑川の交差点で海岸線を離脱して、21号を通って横浜方面へ。

道狭い、バス多い、観光客多い、でいつ通ってもストレスですね。。。

今回は年末休暇中ということでいつも以上に混雑していました。

無事通ることができて何よりです。

 

横浜駅で解散して、ワタクシはそのまま自宅まで自走。

合計は151キロでした。festive500はこの時点で357/500であと143キロとなりました。

お疲れ様でしたー!

 

 

まとめ。

festive500対策で適度に距離も稼ぎつつ、念願の三浦半島一周を無事にこなせてなによりです。

三浦半島自体は思ったよりコンパクトだなぁと感じました。

都内から三浦半島へ向かうまでがややめんどうなだけですねw

 

関東でも有数の観光地域ですし、隠れ家的スポットも多数ありそうですし、今後じっくり探索していきたい地域です。次回からは輪行でw

 

 

↑festive500中の100キロ以上のログをロストして絶望のK氏wwwwww

 

 

以上です。

 

 

-festive 500, ライドログ, 神奈川・葉山教会, 神奈川・三浦半島一周

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.