Cycle Tyme

DE ROSA PROTOSで各地を彷徨うロードバイク乗りの雑記ブログ / 自転車関連ログの公開保管が主目的 / IT系会社員 / 都内城南地区在住 / RCCTYO /

装備・アイテム BONT VayporS(熱成型シューズ) 雑談

BONTの熱成型シューズ『Vaypor S』が快適。Lintaman、SIDI MEGAとの比較。

投稿日:2017年02月22日

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

ここ半年くらいのワタクシはシューズ選定に苦しんでおりまして。

だいぶ迷走しておりましたが、やっと多少落ち着けたと思うのでブログにも書いてみます。

 

ちなみにワタクシのシューズ歴:
⇒Northwave Extream 3
⇒SIDI GINIUS 5 MEGA
[Lintaman Adjust Road Pro]
⇒SIDI ERGO 4 MEGA
⇒BONT Vaypor S(イマココ

 

 

トリッキーな自分の足型に悩む。問題になるのは『横幅』

まずワタクシの足型の話なのですが、

甲高、横幅超広い、親指から小指までのラインが極めて水平に近い、

というわけでまぁバランスの悪い方になるんだろうと思います。

しかも、右足の方が全体的に大きく、左右どちらかに合わせるともう片方で無理が出る、というような状態でした。

ショップで何度かシューズフィッティングをしてみましたが、よくいただく見解を総合すると

『非常に横幅が広いので、既製品の中で選ぶならWIDEタイプじゃないと無理。最低でもShimanoかスペシャのWIDE、できればSIDIのMEGA(国内流通している中では一番幅広らしいです)。左右が違うのであれば、贅沢にはなるが左右でサイズを変えるか、熱成型なりで作りこんだほうがいい』

という感じでした。

 

 

行き着いたのは『BONT』そして『イル・クオーレ』。

『既製品で痛みが出てしまうのではしょうがない。お値段張るけど背に腹は代えられない。熱成型しますか!』と覚悟を決めたワタクシ。

 

『熱成型』をキーワードに、先輩方のお話を聞いたり情報収集をしていたところ、『[BONT]というシューズブランドがいい』という話しを聞きつけまして。

さらに、都内でBONTシューズの熱成型ということであれば、『三ノ輪にあるイル・クオーレというお店が評判がいい』という話しを聞き、買うかどうかはさておき、ひとまずお店に行ってみることにしました。

[イル・クオーレ公式サイト]

[関連記事]

 

イル・クオーレを訪れて、店長と雑談をしながら、まずは店頭在庫のあったBONTのシューズを試しに履いてみます。

で、履いた瞬間に『あぁ、これだわ』と思ってしまったのですよ。

具体的に表現しづらいのですが、基本的な足型がワタクシにとてもフィットしていて、固いアッパーなのにまるで違和感がなく馴染んでおり。

キャリアの割にはシューズの種類体験は多い方のワタクシにとって、今までで最高のファーストインプレッションでした。

『既製品でこの感じなら熱成型タイプのハイグレードモデル[Vaypor S]にすればなんの問題もない』

という思いで、結局その場で即予約していましたw

 

 

イル・クオーレでBONT『Vaypor S』の熱成型。

数日後、ワタクシの希望したサイズとカラーのVaypor Sが届いたと連絡を頂いたので再度イル・クオーレを訪れてさっそく熱成型の開始です。

 

こんな感じで専用オーブンで70度で2分間温めてシューズを熱で柔らかくします。

 

シューズがある程度冷めたら、まだ柔らかいうちに足をIN。

シューズを足の形に馴染ませていきます。

その間、店長が絶妙な力加減でしっかりと補助してくださっています。

この感じは、さすがに一人では出来ないですね。

熱成型に定評があるイル・クオーレさまさまです。

 

数分後にシューズが固まってからは、細かくフィット具合をチェック。

店長いわく『見た感じには問題ない。あとは個人の感覚次第。違和感があれば遠慮なく言ってほしい』ということだったので

『基本的には問題ないが、右足踵のホールド感が左に比べて薄い』

ということを正直に伝えてみます。

そんなときに登場するのがコレです。

いわゆる業務用ドライヤーみたいな感じですかね。

部分的に熱を与えたいときはこれらしいです。

 

というような作業を三度ほど繰り返し(お手数おかけして申し訳ありません)、

十分すぎるフィット感を得ることができました!

 

 

1000キロほど走った感想。

昨年末から1000キロほど走った状態での感想としては。

 

軽さ、剛性はワタクシには申し分ないです。

おそらく出力も多少上がってるものと思われます。
(パワーメーターまだ投入していないので、あくまで感覚ですがw)

フィット感はバツグンです。

一日で180キロ走った時もありましたがなんの違和感もありません。

『150キロ以上走れば必ずどこか痛くなるもの』と思っていたワタクシにとっては非常に大きな進化です。

また、今後仮に痛みが出たとしてもイル・クオーレさんが再度の熱成型に付き合ってくださるという心強さはあります。

 

強いていうと、ここまで全体のフィット感が向上してくると土踏まずに微妙に空間があるのが逆に違和感になるレベルですが

やっぱりあれですか?そこは[Solestar]ですか??

インソールにあの値段はなかなか・・・

 

 

BONTと、2016年に履いた他シューズ(Lintaman Adjust Road Pro、SIDI ERGO4 MEGA)との違い。

せっかくなので、最近ワタクシが履いた他のシューズの所感をまとめてみます。

 

【Lintaman】
上記のようなトリッキーな足型のワタクシでもなんとか履けます。ただいま大人気中のシューズですが、[アッパーが柔らかめ&ワイヤの取り回しが複数選べる]=[自分の乗り方やシューズフィットの感覚がわかっている方向け、初心者は迷走しやすい]というような印象を受けました。ワタクシにはまだ時期尚早です。もう少しキャリア積んだら再挑戦してみたいと思っています。あと、足指のラインが微妙にあっておらず。。。ここはピンポイントで微調整するしか無いですかね。購入検討されている方はまずは試着してみて、アッパーのフィーリングが合うかの観察をオススメします。

 

【SIDI】
MEGAであればワタクシにはだいぶフィットしていました。BONTの次点としてはSIDIのMEGA(現行モデルですとERGO4かGINIUS5)を選びます。できれば右足と左足で片方ずつサイズ選びたいですw それからワタクシの場合、SIDIのMEGAで甲の幅や高さで合わせると指先の高さが少し余る感じでそこは慎重に調整する必要があります。もう一点、SIDIのシューズは全体的に他のシューズに比べてちょっと重めだと思います。ブルベ民や重量気にされる方はご注意を。

 

 

まとめ。 

↑Twitterでつぶやいたことが全てなような気がしています。手抜きではないですw

 

しばらくはワタクシはこのBONT Vaypor Sで戦っていきたい所存。

もっと感想聞きたいとか実物みたいとかであればライドのときに観察してくださいませ。

 

シューズで悩んでいるどなたかの、参考になれば幸いです。

 

 

以上です。

-装備・アイテム, BONT VayporS(熱成型シューズ), 雑談

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.