Cycle Tyme

DE ROSA PLANETと共に各地を彷徨うIT系会社員のロードバイク雑記ブログ。都内城南地区在住。RCCTYO。

Rapha・RCC ライドログ

201701 RCC TRAINING RIDE。五井~大多喜~養老渓谷。[ロングライド114キロ_2017/01/21]

投稿日:2017年02月15日

どうも。コウ[@coh_cycletyme]です。

 

 

2017年01月21日(土)のライドログです。

RCC TRAINING RIDEに参加してきました。

 

『TRAINING RIDE』と銘打つだけあって、事前のチャットのやり取りでも

『上級者向けにハードに走り込むライドです。』

『基本的に、遅れた人は待ちません』

『120キロなので4時間~4時間半位ですね。』

『短いので昼休憩は無しでいいですね。』

といった恐ろしいコメントを多々頂いており、まったり走るのスキーなワタクシの周りの方々は戦々恐々としていました。

というか、我々はなぜこのライドに踏み込んでしまったのでしょうかwww

意識低い集団が紛れ込んでしまい、大変申し訳ありません。。。

 

 

ルートはこんな感じです。

ログサービス一覧

内房線の五井駅集合で、小湊鉄道線に沿って大多喜町あたりまでを時計回りでぐるっと、養老渓谷などを抜けつつ五井まで戻ってくるというルートです。

房総半島内陸部によくある小さなアップダウンは連続しますが、114キロで1200アップほどなのでルート的に険しい感じはあまりありません。

ただ、巡航速度と意識の高さだけがひたすら険しい感じですwww

 

 

運命のグループ分け。

五井駅に集合したメンバーは最終的には15人でした。

さすがに多すぎるので2グループに別れます。

雰囲気的に『ハード組』と『まったり組』に別れる感じだったので、ワタクシに近しい方々は問答無用でまったり組へ。

無事全員潜り込めて何よりですw

 

結果的に、まったり組の方はそれなりに平和だったんではないですかね。

ハード組はそれはそれはハードだったようで、、、115キロほどを休憩一回のみで本当に4時間半ほどで走り抜けた模様。

ワタクシが『この人にはどの要素でもまったく敵わない』と思うような剛脚の方があっさり前半で千切られるくらいの強度だったようで。RCCコワイRCCコワイ。

 

 

まったり進むまったり組。

9時半頃から、ハード組に続いて、まったり組も五井駅をスタート。

#ちなみにこの日、ハード組を見たのはこれが最後でしたwww

 

スタートしてしばらくの間、いっこうに巡航35キロ下回りません!!!

『まったり組でもエグい!ずっとこのペース??』と焦っていましたが、よく観察したところ前半は若干下り基調かつ追い風でしたw。

ということは、後半は向かい風で上ってくるんですね。。。(フラグ

 

走るところはきっちり走っていますがさすがにまったり組、適度に休憩を取りながらの進行となりました。

こういう走り方はメリハリ効いてて好きです。

 

以下、写真をてきとうに貼り付け。

 

 

高滝ダム

 

 

[直売所養老渓谷やまびこセンター]

 

 

ランチは養老渓谷の『手打蕎麦ゆい』にて。(まったり組は軽々しく、ランチをいただいていましたww)

関連ランキング:そば(蕎麦) | 養老渓谷駅上総中野駅

写真NGのお店なので内装や食事の写真は撮れていませんが、内装もそばも大変凝っており非常に上品で美味でした。

きのこの天ぷらと、ちょっとトロッとした独特の蕎麦湯がうまかったですねぇ。

また訪問しなければ。次回は絶対自然薯食べます!!

 

 

N嬢と逃げる後半戦。

手打蕎麦ゆいで美味しくランチをいただいたあとは五井駅まで戻る後半戦です。

ここで、上りでは少し遅れ気味だった[N嬢]

『皆様をお待たせする時間を少しでも減らしたいので早めに出ます』

ということでランチを一人先に切り上げて先行しようとしており、さすがに一人で行かせるのもなぁということでワタクシもそれに付き合うことにしました。

 

逃げと言ってもさほど頑張る気もないので、のんびりと養老渓谷の裏道あたりを抜けていきます。

『これ、RCC TRAINING RIDEじゃなくて、ただのわんぱくライドじゃね。というかいつもの優秀なルートコーディネーターが今日はいない分、むしろいつもよりまったりなんじゃね。』

と途中で思ったのは内緒ですw。

そんな不甲斐ない逃げではありましたが、結果として10分ほどのマージンで20キロほど逃げられたのでよかったのではないでしょうか。

 

逃げのあとに無事まったり組の皆様と合流して更に進みラスト30キロほどの地点、田園風景平坦どストレートに見事な向かい風の中で、

案の定N嬢の心が折れたことはしっかりご報告しておきますwww

↑コンビニ休憩中も泣きが入ってたので、『あと30キロだから頑張って!プリンでも食べてテンション上げて!!!』と言ったところ、おとなしくプリンアラモードをもぐもぐするN嬢(ボッチ乙)。

 

 

まとめ。

さすが『TRAINING RIDE』、なかなか手強いです。

今回のようなワタクシが比較的得意としているアップダウンルートかつまったり組であれば、まだ戦えるかなぁといった感じですが、ハード組には全くついていける気がしません。。。

 

主催の皆様、ご一緒してくださったRCCの皆様、ありがとうございました!!!

引き続きよろしくお願いいたします。あまりハードすぎないライドで。。。

 

 

 

 

以上です。

-Rapha・RCC, ライドログ

Copyright© Cycle Tyme , 2017 AllRights Reserved.